YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

たこあげ大会がんばったの巻

小金井市では毎年新春恒例の市主催の凧揚げ大会があります。引越してきてからこれまで2回、子どもたちと参加してきました。そして今年は3回目。
a0026093_10361188.jpg

息子が凧揚げに興味を持ったのは、横浜に住んでいた時の学童で、毎年手作りの和凧を作っていたから。そこで凧作りの基礎を学んで、面白さも知ったようです。
この地に越して来た年の1月、凧揚げ大会があると市報で見つけ、行ってみるとたくさんの人!凧揚げにこんなの人が集まるなんてびっくり!
凧揚げのルールは、配布される凧をみんなで一斉にあげて高さを競います。学年別に入賞が決まり500円の図書券をいただけます。おととし、去年と息子は入賞し、自分の腕に自信を持ったようです。

そして今年、12月のはじめ頃「今年の凧揚げ大会は手作り凧部門ででたい」と突然息子から言われました。私としては「そんな部門もあったような・・・」という程度の認識でしたが、息子は去年から気になっていたようです。そう宣言したと思ったら、すぐに図書館から凧の本を借りて来て、竹ひごなどの材料を買いそろえ、もくもくと作りはじめました。我が子ながら、こういう時の行動力と自主性、そして集中力はすごいものがあります。

あっという間に一つ作って、公園に揚げに行き、しっかりあがることが確認できると、「連凧を作りたい」と言って、また製作。5個連ねる連凧はさすがに作っている途中で集中力が途切れたらしく、
「やっぱり最初に作った凧ででようかな〜」と言い出したので、「じゃあ材料費は返してね」とちょっと意地悪を言ってみました。するとまた慌てて「じゃあ作る!」と言ってがんばりました。
結果的には連凧を完成させてよかったです。

さて、息子の連凧が大会当日にどうなったかといいますと、午前中に武蔵野公園でリハーサルした時にはあがったらしいのですが、午後は風がぱったりなくなり、配布凧もほとんどあがらない状況でした。
a0026093_10362492.jpg
審査は、審査員の方達が紙のメダルを手にあげてる子達を見てまわり、あがった子にメダルをかけてくれるのですが、審査員さんも「おもしろい凧だねえ。自分で作ったんでしょ?あがればメダルあげたいんだけどなあ」といいながら、息子の凧があがるのを待っていてくれていました。
a0026093_10361316.jpg
しばらくがんばるうちになんとか少し風にのってあがるようになってきました。
a0026093_10361758.jpg
a0026093_10362739.jpg
ようやくなんどか空にはためく連凧を見ることができ、審査員さんも満足してメダルをかけてくれました。
息子も満足したようです。
配布凧部門は小学6年生までですが、手作り凧部門は18歳まで出場できます。息子の凧作りはいつまで続くのかな。来年は6年生。またおもしろい凧を作ってくれることを期待したいと思います。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2012-01-19 10:51 | 暮らしの中から
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧