YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:手仕事・工藝・デザイン( 46 )

めかごと外村吉之介

めかごの話が続きます。

外村吉之介がいつも講演会などに持参していためかご。その写真があるかなと思ってごそごそと昔の写真が入った箱を探してみたら、簡単に見つかりました。それほどにいつも近くにこのめかごを置いてどこにでも持っていっていたことがわかります。
府中の最後の職人、小田さんを呼んで実演をしてもらったこともあったようです。これは私が倉敷に行くより前の写真なので、いつのことなのかわからないのですが、夏期学校か岡山の民藝協会のイベントのようですね。

a0026093_11385987.jpg
小田さんの実演に外村先生が解説。すごく楽しそう。

a0026093_11385619.jpg
民藝夏期学校倉敷会場。

a0026093_11382123.jpg
これも夏期学校かな。出雲会場?(マイクを持ってるのは私ではありません)

a0026093_11385313.jpg
倉敷の自邸の客間にて。どなたかに講話をしてその後に撮られた写真なのかなと推察。

どうしてこれほどまでに、外村先生がこのめかごを愛されたのか直接聞いたことがありませんでした。倉敷民藝館で団体さんに説明をされる時もいつもかごの部屋でしたので、「民藝」について説明する時に必ず「用即美」を説明します。外村先生の民藝解説では特に重要なところです。用に適していること、編み方や作り方に合理性があり、それが「美」に直結していること。それが民藝のすばらしさだというところをいつも丁寧に説明されていました。
その説明には、かごが一番適しているのかなと思っていました。そしてその中でもこのめかごは倉敷からほど近い広島の府中町で作られていること、編み方やかたちの造形が美しいことが特に大切にしていた理由かなと想像していました。

昭和57年発行の倉敷民藝館の図録には、

「備後の府中の山村には、山竹の林が方方にあって、この目籠の材料にされている。日本中に目籠は多いが、ここのに勝る親切な構造のものも、豊かな美しさのものもない。山竹はねばりがあってよく曲がるから、底廻りまで帰ってきている。それを止める三本編みのために、全体が引き立って美しい。

とあります。ここでも粘りの強い竹→それをとめるための三本編み→それが美につながっている、という説明です。この用に即した美しさを説明するのに一番適しているかごだったんですね。
そして「ここのに勝るものはない」と書いてありますね。確かにこれほどに竹のめかごの美しいものはないのかもしれません。
それが現代も人々の心を惹き付けるのでしょう。

民藝が再認識されている今、この「かごがなぜ美しいか」まで説明できる人はなかなかいません。でも「なんとなくいいよね」じゃなく、ひとつひとつをつきつめないと民藝の真の姿はみえてこないのです。私自身もまだまだつきつめなければいけないとあらためて思います。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2015-08-22 12:11 | 手仕事・工藝・デザイン

めかご

ブログをずっと更新していなかったらパスワードを忘れていました(汗)
最近フェイスブックばかりで書いていなかったのですが、やはりSNSは長い文章は書きにくいので短文ばかり書いてしまい、このままでは文章が書けなくなるのではないかと不安になりました(笑)
ということで時々ブログの更新をしていきたいと思います。

日頃からヨシタの商品を置いて下さっている南青山のBLOOM&BRABCHから「残したいもの、伝えたいこと」というタイトルで展示をするから、なにか愛用品を1点出してください。と夫に依頼がありました。夫は何を選ぶだろうと思っていたらこのめかごを選びました。

外村吉之介が愛して、講演会には藍染めの風呂敷に包んで必ず持参しためかご。20年ほど前までは広島県の府中というところで細々と作られていました。それが途絶えてひさしく、足柄に住む竹細工作家の辻村一朗さんが復刻したいと思っているという話を聞きました。
外村吉之介が晩年に府中に行って職人さんの作業を映像に残していたのを知っていたので、それを持っている友人から借り、古作のめかごと一緒に辻村さんに貸してあげました。
それがなくても辻村さんはちゃんと復刻できたと思いますが、映像と古作のかごはとても役にたったと言ってくれて、伝統がまた未来へと受け継がれていくリレーに少しだけ参加させてもらった気がして吉田と喜びあいました。

私がこのかごをはじめて見たのは高校三年生の時、仙台の民藝協会主催で仙台市博物館で外村吉之介の講演会が開かれた時です。学校から博物館は近かったので制服のまま講演会にかけつけました。はじめて聞く外村先生の話は正直なところあまりよくわかりませんでした。でもめかごを手に持って、その美しさを語る姿はいまも目に焼き付いています。

このめかごの復刻を外村先生も天国できっと喜んで下さっていることと思います。
南青山で「残したいもの、伝えたいこと」というメッセージが込められた展覧会で多くの方に見ていただけることをまたうれしく思います。




a0026093_2262624.jpg
[PR]
by cha-yuzuriha | 2015-08-16 22:20 | 手仕事・工藝・デザイン

雑誌『tocotoco』のwebに掲載していただきました。

facebookがメインになってしまい、なかなかブログの更新ができず、申し訳ありません。
今年もどうぞよろしくお願いします。

雑誌『tocotoco』のwebにコド・モノ・コトからいくつか出品いただき、くーわん、ふーわん、そしてYUZURIHAのエプロンキッドも掲載していただきました。

a0026093_16114816.jpg


お友達のsafujiさんのバックもでていたり、楽しいものがいろいろ出ています。ぜひごらんください。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2014-01-15 16:12 | 手仕事・工藝・デザイン

キッチンクロス

チクチク縫いのキッチンクロス作りました。明日の朝市に持っていきます。
お皿ふいたり、ちょっとめかくしにかけたり・・いろいろ使えます。
1枚800円(税別)です。
a0026093_002873.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2013-09-01 00:03 | 手仕事・工藝・デザイン

ヨシタ手工業デザイン室

うちの夫はプロダクトデザイナーです。
昨年6月に独立して「ヨシタ手工業デザイン室」というデザイン事務所をはじめました。
ステンレスの鍋やキッチンツールのデザインに長年携わってきたので、ステンレス製品のデザインは得意です。それ以外にも磁器の飯碗や漆のお椀、木のトレイなど製品化しています。
ぜひサイトをご覧いただき、ヨシタ手工業デザイン室のプロダクトを知っていただきたいと思います。またそれらの商品はYUZURIHAで取り扱っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

a0026093_1712182.png

[PR]
by cha-yuzuriha | 2012-05-29 17:21 | 手仕事・工藝・デザイン

コド・モノ・コト オリジナル「くーわん」

5月5日こどもの日、コド・モノ・コトからオリジナルめしわんが発売されました。その名も「くーわん」、デザインしたのはうちの夫、吉田守孝です。
めしわんデザインのお話をいただいてから、ずいぶん時間がかかってしまいましたが、世に出していただけることになりました。
くーわんというステキな名前もつけてもらって、たくさんのご家庭で使っていただけるといいなと願っています。

こぐのweb shopのために写真撮影が必要になり、ご近所さんでとてもすてきな写真を撮る藤岡真理子さんに撮影を依頼、モデルには藤岡さんちのお嬢さんとやまさき薫さん一家にお願いしました。
こどもの撮影はモノを撮るのとは違い、なかなか大変。初回は私の準備不足で子どもたちの身体の大きさと机の高さがあわず、なんだかちぐはぐになってしまい、立って食べたりすることに・・・食べる気満々なのはうれしかったのですが。
a0026093_22365535.jpg
日を改めて撮り直し。さあ今度こそとはりきって、大人達が「お茶碗を手で持ってくれるかな〜」って子どもにあんまり言い過ぎて「絶対持たない」って言われたり、赤ちゃんが眠い時間に重なって、大泣きになってしまったり。うちの娘がお味噌汁をこぼしたり・・・。
でもみんなとってもがんばってくれて、いい写真が撮れました。
a0026093_22225237.jpg
ご自慢の大きなおくち。
a0026093_22222616.jpg
離乳食を食べてる感じも撮りたいと言ったので、パパも動員してがんばってくれましたが・・・
ごめんね。うちの娘もやまさき家にまざって、子だくさん一家に!

たくさんの方にお世話になって、無事に発売開始となりました。本当にありがとうございます。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2011-05-06 22:40 | 手仕事・工藝・デザイン

『住宅建築』2月号

『住宅建築』(建築資料研究社)2月号「中村好文くらしのうつわ」という特集の中で、うちを紹介していただきました。中村さん設計の都心のこぶりな家が4軒掲載されています。

企画が持ち上がったのは一年前。昨年12月に最初の撮影がありました。そして今年また撮影。じっくり取り組まれただけあって、面白い特集でした。ライターの佐伯誠さんを中村さんが指名し、佐伯さんと4軒の家を全部まわって家をそれぞれ見てもらい、文章を書いてもらいました。
佐伯さんと久しぶりにうちに来られた中村さん。5月の一年検査以来でした。仕事場スペースにどんどん物が増えて、仕事している感じになっているのを見られて、「いいな〜仕事場らしくなってきたねえ」ととても喜んで下さったのが印象的でした。きれいに住むことよりも家を使いこなしていることを喜んで下さる。佐伯さんにも「築一年とは思えない住こなしぶり」と書かれてしまいました。住みこなしているようにみえたのならなによりです。

ちなみにうちの名前は「はけの家」これを読んで意味がわかる人が全国どのくらいいるのかわかりませんが、いい名前をつけていただきました(命名は中村さん)。これから「はけの家」と名乗りたいと思います。
a0026093_2210956.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-12-29 22:10 | 手仕事・工藝・デザイン

レゴ文字の世界

明日のクリスマスツリー大作戦の総仕上げのために「折り紙でサンタさんとか作っておいて」と息子に言って、でかけてもどってきたら、できていたのはレゴのオーナメント。数時間夢中になってレゴと格闘していたようで、電動モーター付で動く「懸垂式モノレール」も完成していました。
そしてさらに「見て見て〜」と持ってきた、レゴ文字で書いた「クリスマス」。
面白かったので「じぁあ「はけの朝市も書いてよ」と頼んだら、すぐにできてきました。
レゴでえがく文字、なかなか面白いですね。
a0026093_2139545.jpg

写真を撮っていると見に来て、細かい微調整をする息子。「これ明日朝市に持っていっていいからね!」そういうところをみるとなかなかの自信作なんだな。
a0026093_21422033.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-12-04 21:43 | 手仕事・工藝・デザイン

雪のブローチ

武蔵小金井駅を南口に出て商店街をしばらく歩いたところにある武蔵野画廊で、
コドモノコトのお仲間岡田ちひろさんが展示会をされていました。
かわいい雪のかたちのブローチを作らせてくれるワークショップをやっていたので、
娘と参加させてもらいました。
雪の結晶大好きの私としてはとってもうれしいモチーフ。
岡田さんが陶器で作った結晶型を粘土にぎゅっと押し付けて、まわりをカットしていき、
このかたちに。青か白の釉薬をかけて焼いてくれるそうです。
写真下の3つが私の。2つは穴を開けてひもを通せるように、もう1つはブローチにしたいと思います。
上の方のが娘の。「もっと作りたい」といいながら渡された粘土を全部使って作りました。
一ヶ月ほどで焼いて下さるそうです。出来上がりが楽しみ。
明日までやっています。お近くの方はぜひどうぞ。
a0026093_16521138.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-11-22 17:01 | 手仕事・工藝・デザイン

クーヨン12月号

この週末はいろいろ楽しいイベントが近所で盛り沢山。
今日はお友達ayaさんや出茶屋さんが事務局をやっている黄金井名物市にちょっと顔を出して、おいしい焼き芋をもらってから、お昼からはらっぱ祭りへ。ずっと食べたかったインド富士さんというカレーやさんのカレーを食べて、北川ベーカリーさんのおやきも買い、ブルーム&ブルームさんでスープも飲んで、満足満足のお昼ご飯。子どもたちも友達と一緒にフリマをまわったり、竹の棒にパン生地を巻いて火にあぶって焼く焼きパン作りを今年も楽しんだり、暖かな陽気の中のんびり楽しみました。
明日は、「はけのおいしい朝市」9時〜13時です。こちらもぜひお越し下さい。

さてタイトルのクーヨンのお話・・・。

子どもが育つかぞくも育つオーガニックな育児雑誌『クーヨン』の12月号。
特集は「子どもに贈る」を考える。
その中で、「子どもの道具と民芸」ということで、私が紹介する民芸品が4ページにわたり掲載されています。写真がとてもきれいで、小鹿田の湯吞や郷土玩具などいろいろ出ていますので、ぜひご覧下さい。
子どもと民芸とはちょっと無茶ぶりなテーマで、もともと子ども向けの民芸品というものも少ないですし、凧や玩具などあまり現代生活にそぐわないものも多い。ちょっと困ったと思いましたが、あまり気張らずに民芸を紹介できたらまあいいかと思って取材を受けました。
編集部の方とお話しているうちに、自分も気づかされることもあったりして、いい勉強になりますね。「自分にとっての民芸ってなんだろう」とまたあらためて考えさせられます。
同じ特集ページには、コド・モノ・コト仲間のデザイナー大治将典さんご家族も大きくでています。
大治家の息子さんもうちの娘と同じ6歳。小さい時から知っています。お互いに大きくなったなあと雑誌をながめながら思いました。

それにしても「民芸」というテーマで話してほしいと言われると、やはり原点に立ち返って民芸に出会った最初の場所、倉敷本染手織研究所と私の先生である外村吉之介の話になってしまいます。やはりそれが私にとっての「民芸」そのものであり、教えを叩き込まれた場所なので、その話から始めなければだめなのです。そんなわけで20年前をいろいろ思い出す機会の多い今日この頃です。

a0026093_23233611.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-11-06 23:39 | 手仕事・工藝・デザイン
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧