YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:手仕事・工藝・デザイン( 46 )

残った革で・・・

エプロンを作った革のはしっこが残り、何か作ろうかな〜と思っていたら、今月は娘の誕生日があり、幼稚園の誕生会でお母さんからの手作りプレゼントを渡すとのこと。それじゃあこの革で作ろうかな〜と思い、出来たのがこのバック。
文庫本が一冊入るくらいのサイズです。娘ならハンカチとティッシュを入れてあとはおもちゃとあめ玉を少し・・・って感じかな。

a0026093_2328827.jpg

「材料費は150円位、一日で作れるもの」と幼稚園から指定があるんですが、150円って難しい。でも革も残りものだし、裏に使った布は前に帽子の裏に使った布の残り、表のウールツイードも15年くらい前に買って使ってなかった布だし・・・カシメも大量買いしたから少し安くなったし・・・
ということで、150円にしちゃいました。「一日で作れる」ってところはしっかり守りましたよ。それにしても、なかなかよくできたな〜と自画自賛。革ってきりっぱなしでいいのがいいところだな〜。手で縫うのも楽しかった。肩ひもも残りの革で作ってるので、真ん中ではいでます。
さてさて、誕生会はあさって。娘はよろこぶでしょうか。
娘好みになるように、中の布は赤にしました。豚革なので裏布も豚・・・

a0026093_23405927.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2009-09-23 23:46 | 手仕事・工藝・デザイン

エプロン製作決定!

「空想生活」に提案させていただいていたエプロン、仮予約が20枚に達しましたので、製作が決定しました!応援して下さった皆さん、ありがとうございました〜!
製作が決まったということは、作らなくてはいけないのです〜。麻布部分の製作はプロの友人に頼んでいますので、私の仕事は革部分。
革を裁断する時、「失敗したら大変!」と思ったらやたらと力が入ってしまい、翌日には全身が筋肉痛に・・・なぜこんなところが痛いの?ってとこが痛くなりました(苦笑)。
納品までがんばります!
a0026093_9372192.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2009-09-16 09:38 | 手仕事・工藝・デザイン

空想エプロン

空想生活に提案しているエプロンの最終的な仕様が決まりました。
最初よりも革の色が濃くなり、ひもの結ぶ位置がちょっと左よりになったり少し変更しました。
例の豚革をカットしてひもを作りました〜。
こちらもぜひ見てください。「空想生活

a0026093_23174326.jpg


このモデルはだれなんでしょう・・・
[PR]
by cha-yuzuriha | 2009-08-31 23:20 | 手仕事・工藝・デザイン

大人のエプロン(続)

エプロンのひも用の革は、ひもになっているものではなく、一枚の革で買っています。均一な幅にカットされているよりも、味がある感じにできるからというのがその理由。
なんと豚さん一頭買いです!豚肉はよく買いますが、一頭丸ごと買ったことはありません!ちょっと興奮しました(笑)。
革屋さんで首のから背中にかけてが一番強いとかお腹が柔らかいとか特徴を教えてもらい、カットする時の参考にしました。これをひもに切るのはちょっと緊張です。
a0026093_22293363.jpg


革はこげ茶に染めてあります。なめしには重金属を使っていないものを選びましたが、かぶれないという保証は残念ながらないみたいです。でも重金属のものを避けたので、かぶれにくいとは言えるかもしれません。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2009-08-07 07:25 | 手仕事・工藝・デザイン

オトナのエプロン

ただいまyuzurihaでは「空想生活」というサイトにエプロンを提案させていただいてマス。
空想生活をご存知ですか?「空想無印」とか様々な試みをやっている会社なので、ご存知の方も多いのではないかと思います。
ユーザーの声を集めて製品化するというシステムで運営されていて、今回は空想に「エプロンに手をふくタオルのようなものがついていたらいいな」という声が寄せられたのを、かたちにして提案してみました。今「空想生活」のサイトのトップページにでていますので、ぜひご覧下さい。
皆様からの投票が集まると、製品化されますので、ぜひ清き一票を〜〜!

半田ナナ子さんのデザインで、布の部分は生成りの麻、紐は本革(豚)です。男の人にもきりっとかっこよく着てほしいというコンセプトで作りました。腰の革ひもの部分にお手拭きタオルがかけられます。



a0026093_22214718.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2009-08-06 22:24 | 手仕事・工藝・デザイン

コドモのぼうし

コドモのぼうしです。ゆずりはで企画し、布などを選び、友人シラトリさんに
製作してもらいました。
ゆずりはのサイトでご注文いただけます。


a0026093_1753813.jpg

a0026093_177265.jpg

a0026093_178194.jpg

a0026093_1785541.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2008-09-07 17:24 | 手仕事・工藝・デザイン

コド・モノ・コトのお店「こぐ」

コド・モノ・コトのお店「こぐ」が、2日間限定で店開きします。
私のコドモエプロン、オーブンミトン、ランチョン、コースターの麻布シリーズも出品します。
お近くの方はぜひ御来店下さい。
子連れでいらしてもお庭で遊べたり、楽しいと思います。ぜひ「こぐ」で、お子様と夏休み最後の週末を楽しんで下さいね。

こどものどうぐの店「こぐ」
8/25(土)26(日)11:00-18:00
コド・モノ・コト アトリエ

東京都中野区上鷺宮3-6-16
tel & fax: 03-5241-1504
mail@codomonocoto.jp
http://www.codomonocoto.jp

◎西武池袋線「富士見台」駅から徒歩7分
◎JR総武線「阿佐ヶ谷」駅から「中村橋」行きバス10分「鷺宮四丁目」下車
 +徒歩15分


a0026093_15162142.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2007-08-10 15:11 | 手仕事・工藝・デザイン

きゅーぐー展

「きゅーぐー展」始まったと思ったら、もう明日7日が最終日。いらして下さった皆さん、ありがとうございました!会場でお会いできた方うれしかったです。私がいられなかった日に来て下さった方、申し訳ありませんでした。
昨年は初参加で、右も左もわからずドキドキでしたが、今年は多少慣れてきて、他の参加者の方達ともいろいろお話できました。現役で活躍されているデザイナーや作り手の方達との会話は、とても刺激になります。
今年は、自分で作ったオーブンミトン、ランチョンマット&コースター、友人白鳥綾子さん製作の帽子とバックを出品しています。帽子とバックは布を私が選び、いろいろ話合いながら、コドモノコトのコンセプトにあわせて作ってもらいました。
(写真手前の横長のバック、室内履き、壁面のグリーンのバックは、別の参加者小松さんの作品です)

明日7日は会場当番です。

a0026093_23132756.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2007-05-06 23:21 | 手仕事・工藝・デザイン

公園で遊びました!

5日、きゅーぐー展関連イベント「公園であそぼう」に参加しました。
井の頭公園で、ワークショップ担当のたみみさんやみっきーさん達にたっぷり遊んでもらって、息子も息子のお友達もとっても楽しかったようです。縄を使ってとんだりくぐったりや、借り物競争をしたり。2歳の娘はなぜか人見知りをして私から離れられなくなってしまいました・・・。
遊びのスペースは、オレンジ色に塗られたかわいい石でしるしがつけられていたり、感想を記す紙はこいのぼりのかたちで、それをみんなで木につるしたりして楽しい工夫がいっぱいでした。
とっても暑い一日だったので、一緒に遊んでいた私達はバテバテ・・・息子達は元気いっぱいで、おべんとうを食べた後は公園内を流れる川で川遊びを楽しんでいました。

a0026093_231658100.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2007-05-06 23:18 | 手仕事・工藝・デザイン

『言語』の連載

 『言語』の連載も5月号が出て、全12回のうちの5回が出版されたことになります。毎号生みの苦しみを味わっています(笑)。でもこの苦しみは本当に楽しい。自分で文章がうまいとは全く思いませんが、書くことが好きなんだと実感しています。
この連載を書く上で一番難しいのは、普段工芸や手仕事にふれる機会の少ない「言語」の専門家の方々に読んでいただくことを前提に書くということ。その世界にどっぷりつかっている(というかその世界しか知らない)私にはなかなか難しいことなのです。でも毎号とても勉強させてもらっています。

 この連載の写真を撮影場所はすべて私のお友達、半田さんのお宅です。
半田さんの家は古い自邸を最近改装されたのですが、彼女の意見を多く取りいれてとてもすっきりしたステキなお家になりました。床も壁も収納もキッチンもよく考えられていて、いい緊張感を保ちながらリラックスできる家・・・とでもいいましょうか。
家ももちろんいいんですが、家具や小物がまたいいんです。棚やテーブル、椅子、トレイ、籠など、アンティークなものが多いのですが、どれも高価すぎるものではなく、いい味わいのものばかり。「これを載せて撮りたいんだけど適当なお盆ないですか?」なんて注文すると、いいお盆が何枚も出てくる!カメラマン氏も「こんないいスタジオはないですよ。ナイショにしておきましょう(笑)」なんて言っていました。
撮影には編集者、半田さん、カメラマンの米谷氏、レイアウト担当の我が弟が集まって、時間がないといいながら、「この椅子いいですね〜」「これはアフリカの集会所の椅子なのよ」なんていう会話で盛り上がり、時間がたりなくなりそうでした。その椅子も撮影の背景に登場します。お楽しみに。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2007-04-28 22:13 | 手仕事・工藝・デザイン
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧