YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鳥取港からのレポート

またまた鳥取のお魚レポートが届きました。
鳥取に嫁いで5年くらい?東京都民からすっかり鳥取県民となったまりんこさん。
鳥取のよいところの話になると、とてもうれしそうに話してくれます。
「カレイとハタハタが食べたい」と言っただけで、鳥取大丸の魚屋さん、駅前市場、そしてついに港にまで調査に行ってくれました!
思えば、仕事の時も(かつて同僚だった)私が「こんな特集組もうよ」とひとこと言うだけで、すぐになんでも調べてくれて、あなたの調査能力はすごかった!私の仲さん研究にも、まりんこさんが調べてくれたことがいろいろ役にたっているのです。

写真は鳥取港の中村商店さん。ネットでも注文はできるようですが、なぜかハタハタ売り切れと書いてある・・・
でもお店にはちゃんと並んでいたそうなので、買えるはずなんだけどな。
たぶんこちらに注文することになると思います。
おまけで松葉かにの写真も送ってくれました。
a0026093_21432023.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-31 21:44 | 暮らしの中から

カレイとハタハタ

クリスマスの少し前に鳥取から友達が遊びにきた。
その彼女が持ってきてくれたのが、鳥取産のカレイとハタハタの一夜干し。
そんなに大きくもなく、こじんまりと地味なお姿ですが、焼いて食べたらとっても美味しい。
干物なのに水分があって、ジューシーなお味(干物に正しい表現なのかわからないけど)。
魚のうまみが口いっぱいに広がり、久しぶりに「美味しい干物食べたなあ」って気になりました。
で、その友達がブログに書き込みをしてくれたついでに「あれがまた食べたいんだけど、買える?」と聞いてみたところ、いろいろ調べてくれました。
近所のスーパーで干物を買うほど安くはないけれど、鳥取からカニを送ってもらうよりはずっと安い。
おともだちを誘って共同購入しようかと、もくろみ中。
近所でご希望の方いたらご連絡下さいまし。
a0026093_23124944.jpg

写真は鳥取の市場でカレイとハタハタが売っているところ。値段調査のついでに写真も撮って送ってくれました。
美味しそうでしょ?この値段+送料ってとこかな〜。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-29 23:15 | 暮らしの中から

恵比寿でかけあし

「恵比寿をぶらり」ってタイトルにしようかと思ったけど、実際はかなりかけあしだったので、事実のままをタイトルに・・・。
小金井で仲良くなった近所の羊毛作家、夏子さんが恵比寿でグループ展をするという。
ふ〜んと思っていたら、なぜか織の後輩から同じグループ展の案内が!
偶然にも同じギャラリーでお世話になっていて、直接面識はないけれどギャラリーの企画として一緒に展示をすることになったんだとか。こんな偶然はなかなかないねってことで、夏子さんと日を会わせて、一緒に恵比寿に行くことにしました。
たまに恵比寿まで行くのなら、せんぬきをおいていただいているSMLさんにも寄ろう!と思ったが、どっちの店も12時開店で恵比寿の駅を挟んでけっこう離れている・・・。
幼稚園児の母にはつらい時間帯です。ということで駆け足での恵比寿散策となりました。

SMLさんはアメリカなど海外に直接でかけて仕入れてきた、雑貨がメインのお店。
でもそのテイストにあった日本の雑貨も置いています。
そんな中でせんぬき展に来場されて、気に入って下さったとのこと。新しいお店なので、取材も入ることが多いらしく、その時にもせんぬきを紹介して下さり、『Pen』の先月号にもせんぬき出ていてんだそうです(ありがたいです〜)。
仕入れを担当して下さったUさんにご挨拶。いろいろお話することができました。
なぜか鳥取の木彫の干支人形の寅が置いてあり、「ボク民芸好きなんです!」とのこと。
またそこで話が盛り上がってしまいました。
ララバイという食堂と一緒になっていますので、お近くにいらしたらぜひお出かけ下さい。

SMLを出て急いで今度はホツミギャラリーへ。
ここで夏子さんと待ち合わせ。
後輩の愛さんと夏子さんの作品を見せてもらいました。
愛さんはホームスパンのマフラーを出品していましたが、変わった糸を混ぜ込んだりしてなかなか面白い作品でした。みんながんばってるな〜。
a0026093_114846.jpg

夏子さん作の鍋つかみ。でもテーブルの上でコーヒーポットの下に敷いて使おうと思っています。
昨日早速コーヒーの染みがついてしまいました(ごめん!)
かわいい竹のスプーン&フォークはアメリカ製。SMLで買いました。パーティーグッズみたいですが、なんか茶さじのようでもあり、どうやって使おうかな。かわいいので買ってしまいました。

SMLに行く途中に「あれ?この坂登ると代官山で、美味しいパン屋があったはず!』と思い出し、黙々と坂を登ったら、ありました〜!
こういう時、だいたい一人でたどり着けない私。感動〜!
famille代官山」っていうかわいいお店。
さらに満足度が増した恵比寿散策でした。娘を預かってくれた幼稚園のママ達ありがとう〜!

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-28 11:19 | 手仕事・工藝・デザイン

アチパン

「はけの朝市」に毎回出店されている「アチパン」さんは、国分寺にお店があります。
どれを食べてもおいしくて、毎回朝市の時には買いすぎた〜と思うほど買うんですが、あっという間に食べてしまいます。
アチパン日記で、お茶を紹介していただきました。光栄です!

「アチパン小金井店作りません?」って言ったら、「簡単に言わないで下さいよ〜」って言われましたが、ほんとに小金井で毎日おいしいパン食べたいんですぅ〜!
[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-25 17:53 | お茶のこと

母、助かる。

幼稚園生活もすっかり慣れた私と娘。
これも幼稚園のお仲間の皆さんのおかげです。
保育時間が短いので、午後はたっぷり自由時間。毎日のように「○○ちゃんと遊ぶ〜」といい、誰かの家におじゃましたり、公園で遊んでから帰ったり。
今日も幼稚園に一番近い仲良しのおともだちの家に幼稚園が終わった後、夕方まで預かってもらいました。お迎えまでお願いしてしまったので、朝から夕方までたっぷり仕事ができて、とってもはかどりました。感謝感謝です。

「明日来ていいよ〜」と昨日幼稚園で仲良しのママの声をかけられた時の娘の一言。
「ママ、助かるね!」
はい、確かに子どもを預かってもらって、仕事はかどって、とっても助かりますが・・・
それをおまえが言うな〜!
「預かるわ」「助かる〜」なんて会話をいつもしているからいけないんですね。
今度から、「助かる〜」はこっそり言おう。

ほうじ茶がよく売れてしまい、在庫がなくなりそう!
ということで、今日はほうじ茶を作っていただくために、袋を準備したりの作業をやっていました。
というわけでほうじ茶もうしばらくしたら再入荷します。少々お待ちを!
[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-22 18:47 | 暮らしの中から

くじらもち

「くじらやま」「くじらようかん」「くじらもなか」とくじらが名前についたお菓子を前に3つご紹介しましたが、またいただいたのでご紹介します。
青森県下北半島で作られる「くじらもち」。山形や青森のお菓子に「くじらもち」(久次良と書いたりします)がよくありますが、クルミなんかが入って茶色い羊羹のかたちをしたお菓子なんですよね。
こんな素敵なお花模様のくじらもちは始めてみました!
くじらもちは米粉を蒸して作るお菓子らしいですが、この花柄は描いているのではなく、金太郎飴のように重ねて模様を作り、薄く切って美しい模様がその断面に現れるという製法のようです。
このくじらもちは、父が埼玉にある「下北」という大間漁港から新鮮な魚介が直送されるという居酒屋さんでいただいて来たもの。
見てたのし食べてうましの「くじらもち」でした。
a0026093_22264439.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-19 22:28 | 暮らしの中から

木の椅子工房を訪ねる

おととし、仙台に帰ると必ず会う中学の時の同級生、淳子さんから「紀幸が椅子職人になったらしい」と聞き、驚いて二人で工房を訪ねた。
紀幸氏も同じ中学の同級生。小学5年生から中学3年まで5年間も机を並べていた仲だ。
私たちの中学は新興住宅地にできた新設校で一学年2クラスしかなかった。音楽関係に進んだ男子は数人いるらしいけど、手仕事関係はいままで聞いたことがなかった。
紀幸氏に会うのはもう20年ぶりくらいかなあ。どんな椅子を作っているのか・・・。とても趣味でない椅子だったらどうしよう、なんて言えばいいんだろう・・・(失礼な・・・)
などど勝手な想像しながら工房へつくと、ウィンドウに「まるで北欧の椅子?」というようなペーパーコードの座張りをほどこした木の椅子が鎮座していてびっくり!
「久しぶり〜」なんて挨拶をしながら、「ウェグナーかと思ったよ」と声をかけたら、紀幸氏は私の口からハンスウェグナーの名前が出てくることにびっくり。
お互いに中学を出てからどんなことをしてきたのかろくに知らないんだから、無理もないね。
私の仕事や夫の仕事なんかを説明して、ようやく納得。お互いが「手仕事、デザイン」という少し近いところにいることがようやくわかりました。
紀幸氏は最初はハウスメーカーに就職して現場監督を数年。その時ためたお金で海外を放浪したりしていたのは、私よりも紀幸氏と交流があった淳子さんから聞いてちょっとだけ知っていました。
その後、岩手の木工所で家具作りを学び、数年前に独立して仙台に帰って来たとのこと。
まだまだ資金がなく、工具が買えないと言っていました。
私の母に話すと、椅子好きの母はさっそく工房を見に行き、椅子を注文。
数ヶ月後にできてきたのがこれ。
a0026093_22415342.jpg

出来て以来、帰省していなかったので、このお正月に始めて見ました。なかなかすわりごごちもよく、とても格安にしてもらって申し訳ない感じでした(同級生割引がきいたらしい)。
そして今回の帰省で、夫を工房に連れていこうとはりきっていた私。帰った翌日にすぐ工房を訪ねました。
私よりも夫は木工の知識があるので、工具もみながらいろいろ話がはずんでいました。
できたら夫のデザインで椅子を作ってもらいたいと思っているので、どんなことができて、なにが無理なのか、その辺を見てもらいたいと思ったのでした。すぐには難しいかもしれないけど、夫も頼んでみたいと言ってくれたので、実現するかもしれません。楽しみです。

a0026093_22462989.jpg
a0026093_22522045.jpg


近くの織物作家さんに頼まれて、機道具を作る仕事も少しやっているらしい。
これと同じかせとりを作ってほしいという依頼とのこと。
機道具を作ってくれる木工屋さんを見つけるのはなかなか難しいので、こういう仕事を引き受けてくれるのはうれしいですね。
a0026093_22591112.jpg

仙台の織物作家さん達!ぜひ彼に仕事を頼んで下さいませ!いい仕事してます!
a0026093_2323178.jpg

佐々木紀幸さんといいます。「木の椅子工房」という名前。
サイトは今リニューアル中だそうです。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-08 23:10 | 手仕事・工藝・デザイン

お正月風景・続

ここ数年、仙台に帰るといつもスケートに行きます。
それは甥っ子(小3)がホッケーをやっているから。
もともとすばしっこい子ですが、氷の上ではさらにスピードアップします。
おかげでうちの子たちもスケートが大好きになり、年に数回、仙台や横浜ですべってきました。
週に3度もすべっている甥っ子にはまったくかないませんが、うちの息子もそれなりに転ばずに滑れるようになってきました。
娘の方は一年前に滑った時には立つのもやっとだったのに、足首などがしっかりしてくるのか、その間練習していたわけでもないのに、今回はすっと立てて、おまけに一人で滑れちゃった!
不思議なものです。
私も運動神経はかなり悪いものの、スケートとスキーすべり系は大好きなのです。
子どもの頃から雪道を歩いて鍛えたからかなあ。

スケートの後、リンクの近くにある池に白鳥が飛来しているというので、行ってみました。
とても間近でえさをやれて、子どもたちは大感激。娘は東京に帰ってきてから「これからは毎朝パンの耳は残して白鳥にあげる」と言い出しました。困ったわ〜。
a0026093_17301032.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-07 17:32 | 暮らしの中から

お正月風景

実家で過ごしたお正月風景です。

我が家は夫と私の実家がそれぞれ遠いので、毎年交代でそれぞれの実家に全員で帰省します。
今年は私の実家の順番。仙台のお雑煮は「やきはぜ」で出汁をとります。出汁をとられたはぜはもうそんなに味は残っていないのですが、だし汁の味は最高です。
といっても、私の両親は仙台人ではなく、瀬戸内と関東圏の出身なので、いつもは鶏肉と野菜たっぷりの具沢山雑煮。今年は地元の方からやきはぜをいただいたので、はぜ雑煮を味わうことができました。

暮れに到着した時は雪もなく、ちょっとがっかりでしたが、大晦日から降り始め、2日3日とよく降って、なんとか10cmほど積もってくれました。
(よく降って10cmとはねえ。ほんとに降らなくなったもんです)
子どもたちはたった10cmでもしっかり活用します。雪かきを手伝ってから、そりすべり、雪合戦、雪だるま。
仙台には息子と同じ小学3年生のいとこがいるので、ずっと3人で夢中になって遊んでいました。
近くの公園にそりすべりに行っていたら、娘がそりに顔をぶつけて、鼻血をだし、顔面血だらけで帰宅。肝をひやしました。それでも楽しいらしく「血だらけだよ〜!」といとこと三人で大笑い。
笑ってる場合じゃないんですけど、いとこと三人ならなんでもおかしいらしいです。

ぼうずめくりでも盛り上がった3人。「姫出た〜!」「ぎゃ〜蝉丸〜!」と大騒ぎ。
古典的な遊びはいいですね。
いとこはベイブレードに夢中。息子にもその熱を分けてもらおうと思いましたが、まだその面白さがわからないらしい息子。結局買ってほしいとは言いませんでした。
少しは流行の遊びにも手を出してほしいんだけどな。
a0026093_9543895.jpg

[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-06 09:56 | 暮らしの中から

あけましておめでとうございます。

本年もYUZURIHAをどうぞよろしくお願いいたします。
a0026093_2216292.jpg

お正月も実家から更新しようと思っていたのに、実家のMacになぜかPhotoshopが入っておらず、写真の加工ができないことがわかり、とたんにやる気ダウン・・・。
ということですっかり遅い年賀の挨拶となりました(年の初めから言い訳かい!)

このしめ飾りは年末に、武蔵野公園のプレイパークで作ったもの。
小金井にある東京農工大学繊維博物館の中に「わら工芸会」というのがありまして、なかなかすごいわら細工を作っているらしいのですが、そこの指導者の方が来て、プレパで子どもや大人にしめ飾り講座を毎年年末にやっておられるそうなのです。
一度やってみたかったわら細工。とってもうれしい出会いでした。わら細工をやりたくてもわらがなかなか手に入らない。今は長いまま刈り取らないで、すぐに粉砕されてしまうんですよね。
いつも正月飾りは適当に買っていたんだけれど、それってなんか違うよな〜とずっと気になっていました。こうやって作るのが本来の姿なんですよね、きっと。
[PR]
by cha-yuzuriha | 2010-01-05 22:25 | 手仕事・工藝・デザイン
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧