YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

倉敷本染手織研究所

「倉敷本染手織会」となんの説明もなく前回書きましたが、これは私が卒業した学校の同窓会組織の名前です。学校の名前は倉敷本染手織研究所。『カーサブルータス』の「フロム日本」のコーナーでもノッティングという椅子敷が紹介されたことがあるので、民藝に縁のない方でもご存じかもしれません。
 倉敷美観地区、あの白壁の町並みの喧騒の中に、ひっそりとその研究所はあります。昭和28年、民藝運動家・外村吉之介、清子夫妻によって開設されました。
今回はこの研究所ができた由来を書きたいと思います。
 戦争中、軍需工場となっていた倉敷紡績には、沖縄からも女子挺身隊が働きに来ていました。倉敷紡績の大原総一郎社長は、終戦をむかえたものの、焦土と化した沖縄にはすぐには帰れないだろうから、暮らしのため、また沖縄の文化の再建のためになる技術をと考えて、民藝運動の創始者である柳宗悦に相談し、当時福井で牧師をしながら織物をしていた外村を紹介され倉敷に招き、手織の指導を請うたのです。その女性達の中には、のちに人間国宝になった芭蕉布の平良敏子さんも含まれていました。
 女性達が無事に帰島したのち、外村夫妻は倉敷民藝館を開館させ、民藝館向かいの自宅に研究所を開設したのです。毎年4,5名の内弟子を迎えて、共同生活をしながら織物の実技と民藝美学についての講義をするという生活を外村夫妻は四十年近くの間続けました。外村夫妻が亡くなられてからは、息子さん夫妻が後を引き継いでいます。
 私が研究所に入所したのは昭和63年、外村先生が89歳、私が18歳の時のことでした。
(写真は開設された頃の研究所外観です。今もほとんどかわっていません。(『倉敷町並物語』より複写しました)
a0026093_15431523.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-08-19 15:39 | 手仕事・工藝・デザイン

座繰りの糸引き

7月19日海の日、東京のあきる野市にある友人の工房で「座繰りを使って繭から糸を引く」という講習会を開きました。講習会と行っても倉敷本染手織会の内々の仲間だけの会合です。参加は会員15名、その家族4名で、千葉、横浜など関東の各地から集まりました。
工房を主宰する池田明美さんも手織会の会員です。倉敷では毛と木綿については紡ぎを習う機会があるのですが、絹については購入した糸を使っていて、糸を引くところまではやっていないので、参加した卒業生のほとんどが、絹糸をひいた経験がありませんでした。池田さんは倉敷以外にあちこちでお勉強されているため、絹は生繭を購入して、糸を作っているのです。
映画「野麦峠」で生の繭を煮るシーンで、すごい匂いに主人公が吐き気をもよおす場面があり、そのイメージが私の脳裏にこびりついていたのですが、その匂いがするのは、煮ている時だけのことらしく、煮上がった繭からは特に匂いはありませんでした。繭からどうやって糸がでてくるんだろうと思っていたら、小さな刷毛のようなもので、繭をこすると、そこから糸が何本かでてきて、それを引くうちに、1本の糸になります。それを数本まとめたものを座繰り機にかけて、巻き取りはじめると、不思議なことに数本の糸がまとまり縒りがかけられ、美しい絹糸となって現れるのです!
やってみた感想は、思っていたより簡単で、思ったより難しいということ。
仕掛けさえわかってしまえば、蚕がちゃんと糸を作っていてくれているので、それをきちんと引きだせればいいんだなということがわかりましたが、生の繭を煮る方法や、機械の仕掛けなど、いろいろ工夫しないと、いい糸にはならないのでしょう。やはり奥は深い・・・
 とてもいい経験をさせていただきました。

a0026093_2284058.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-07-22 16:57 | 手仕事・工藝・デザイン

庭のミント 2004/6/21

a0026093_114751.jpg 私が今住んでいる横浜の家には、小さな小さな庭があります。庭とよぶのもおこがましい広さですが、庭であることにかわりないので、「庭」と呼んでいます。
 勤めていた頃は手入れもできず荒れ放題で、ご近所に顔向けできない状態でしたが、「ゆずりは」をはじめてから、時間と気持ちに余裕ができたので、庭で花やハーブを育てています。多年草のハーブは、強くてどんどん増えるのはわかっていたのですが、やはり地植えが楽だろうと思い、昨年土に直接ミントやセージを植えました。しかし!どんどんと育ち、すぐとなりに植えたイチゴを圧迫!ちょっとまずいなあと思い、ミントを少し刈り取ることにしました。その刈り取ったミントをどうしようかなと思って考えていたのですが、緑茶とまぜてのんでみることにしました。
 急須にいつもよりちょっと少なめの緑茶の茶葉を入れて、そこに生のままちぎったミントの葉、あるいは乾燥させたミントを入れ、お湯をそそぎます。熱い湯の方がいいと思います。こうするとさわやかなミントの香りの緑茶になるわけです。美味しい新茶が届くと、少し古いお茶が残っていてもついつい新茶を飲みたくなるもの。そういう時に古い茶葉とまぜて飲むとまた新鮮に感じられて、おすすめです。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-21 11:47 | お茶のこと

ゆずりはロゴ入りバック2 2004/6/19

a0026093_111258.jpg さっきのロゴ入りバックのロゴの部分のアップです。なかなか細かい技なんだな、これが。ちなみにこのロゴのイラストを描いてくれたのは、イラストレーターの山本祐布子さんです。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-19 22:32 | 手仕事・工藝・デザイン

ゆずりはロゴ入りバック 2004/6/19

a0026093_111349.jpg 私の友人から、「手提げバックを作ったから、味噌と梅干と一緒に送るね」とメールがきました。
 この前会った時に、お母さんが作る美味しい味噌をわけて欲しいとお願いしていたので、それを送ってくれるついでに、梅干とバックのおまけがつくらしいということで、わくわくして荷物が届くのを待っていました。
ゆうパックできた荷物をあけたら、ぷ〜んとすっぱい梅干の香り。そしてその香りに包まれたバックが出てきました。
 形は最近彼女が気に入って作っている肩から下げられるかたちで、すてきな花模様の布で作ってあり、この布は私たちの共通の友人からもらったものだとメールに書いてありました。うわあ素敵と思って広げてよくみたら、小さく「ゆずりは」のロゴが刺繍してあるじゃないですか!なんて手の込んだおしゃれな悪戯!うれしくて笑ってしまいました。
 お茶の配達の時はこのバックを持っていきたいと思います!
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-19 22:30 | 手仕事・工藝・デザイン

ベン・ニコルソン展 2004/6/13

a0026093_232350.jpg 先週、仕事で東京駅まで行ったついでに、時間があったのでステーションギャラリーで開催中の「ベン・ニコルソン」展を見てきました。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/bi/ben/
 ベン・ニコルソンは、イギリスの画家で、彫刻家の妻バーバラ・ヘップワースと共にセント・アイヴスに暮らし、私の好きな陶芸家バーナード・リーチらと一緒に芸術家協会を作ったことぐらいしか知識がなかったのですが、今回の展覧会でまとまった数の作品を見て、この作家が好きになりました。
 半具象と抽象の作品を描いていますが、私は抽象の方が好きです。円や直線を組み合わせた、独特の色使いの作品には多いに刺激を受け、特にグリーンとブルーの濃淡の色使いがいいと思った、というか私の中にすっと入ってきました。お茶のことばかり考えていたから、グリーンが気になったのかもしれませんが(笑)。
 でもどの作品も素材との組み合わせなどから生まれるとても微妙な色使いなので図録でも絵はがきでも、その良さは再現できていなかったので購入はせず、作品をじっくり頭の中に焼き付けて帰ってきました。
 
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-13 21:57 | 美術

引き出物 2004/6/10

a0026093_10334.jpg 今年の新茶を結婚式の引き出物にしたいという依頼を受け、引き出物用のパッケージを考えてみました。ゆずりはの専属デザイナー?と相談しながらの作業はなかなか楽しいものでした。
包装紙は以前から持っていた和紙風のもので、それにラフィアのリボンを二色使いで結んでみました。結婚式ということで「結びきり」にしなければと最初はこだわって考えていたのですが、引き出物のメインではないということなので、カジュアルに結ぶことにしました。それに赤い和紙を小さく切って、折り紙をして熨斗を作り、まっすぐに貼らずにななめにはさみました。
 ちょっと凝った包装にしてしまったので、ちょっと包む作業は大変でしたが、もともとラッピングの作業は好きなので、60個を包み終る頃には、もっとやりた〜いと思っていました。
 今回はお茶1本をお包みしましたが、今後は他のものと組み合わせてとか、いろいろ考えてみたいと思っています。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-10 10:28 | お茶のこと

春の天気 2004/6/5

a0026093_11538.jpg「ゆずりは」をはじめるまでは、春先の天気なんて、「寒い」とか「暖かくなった」とか自分の体調とのかねあいでしか、考えていませんでした。でも「今年の新茶のできはいかがですか?」と4月の末頃、白鳥園に電話をするようになってから、「今年は雨がいい具合に降って順調よ」とか「そろそろ芽がのびると思ったら、霜がおりちゃって」、「雨が続いて発育が心配・・・」など、教えていただくようになり、春先の天気がとても気になるようになりました。といっても、心配するだけでなにもできないんですが・・・
 今年はもうすぐ収穫というところで、霜が降りてしまい、収穫量があまりのびなかったそうで、残念でしたが、いただいてみたら味はとてもよかったのでほっとしました。
 生産量が少ないということで、普通のお煎茶ばかりわけていただくのも、申し訳ないので、今年は「くき茶」や「ほうじ茶」なども販売したいと思っています。
「くき茶」は普通の「くき茶」とちょっと違います。名付けて「特選くき茶」。なにが特選なのかといいますと、くきの部分だけではなく、茶葉とブレンドし、両方の良さをひきだしたお茶! なのです。
夏には販売できそうですので、ぜひお楽しみに。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-08 16:38 | お茶のこと

新茶のサンプル 2004/6/3

 お得意様やお友達に今年は約1,2回分の新茶の葉茶を小さな袋につめて、サンプルをお送りしたところ、早速あちこちからご連絡をいただき、大変うれしく思っています。しばらく会っていなかった友達から電話がきたり、新茶のおかげで旧交をあたためています。
 新茶のサンプルは、まだ少し余裕がありますので、ご希望の方はメールにてご連絡いただければ、無料でお送りいたします。
Info@yuzuriha.net宛に、ご住所・お電話・お名前を記して、ご連絡下さいませ。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-08 16:30 | お茶のこと

新茶のこと 2004/6/1

今年も新茶の季節となりました。
といっても「ゆずりは」に新茶が届くのは一般市場よりちょっと遅め。その理由はというと、「ゆずりは」で扱っているお茶は、静岡の白鳥園さんというお茶農家の緑茶で、お茶の栽培から加工まですべて家族だけでやっているので、どうしても時間がかかってしまいます。そして「ゆずりは」も一人でやっているので、お知らせや発送に時間がかかってしまうのも理由です・・・
 それにもっと大きな理由は、初物好きの日本人の傾向のためらしいですが、新茶は早く市場に出す程いい値がつくということで、品種改良は「早く収穫できるものを」という方向にずっと進んできました。その結果、新茶の売り出し時期は昔に比べて随分早くなっています。白鳥園で作っているお茶の品種は「やぶきた」と「在来」。「やぶきた」は早く収穫できるということで、人気の高い品種ですが、「在来」はその名の通り改良をされていない昔ながらの木で、古くからの茶農家にしかないものです。白鳥園にある「在来」の木は、それこそ樹齢が百年を越えるものもあるそうです!(といってもお茶の木は毎年剪定してしまいますから、巨木になったりはしていないと思いますが・・・)
ということで、毎年「ゆずりは」の新茶をお待ち下さっている皆さん、日本古来の新茶の季節を守っていると思って、お許し下さいませ。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2004-06-08 16:12 | お茶のこと
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧