YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

娘とバック作り。

今日は私の誕生日。
でも息子はインフルエンザ、夫は仕事で夜までいない。というわけで外出もままならず、家に一日こもって過ごしました。
そんな時に家族が「おめでとう」と言ってくれるだけで充分なのに、それすら言わずに仕事に行こうとする夫。悲しい・・・
まっ、めげていてもしかたないので、自分が食べたいパウンドケーキを焼いて、午後はバック作り。織りがアップリケされているのが娘用。ペンがさせるようになってるのが自分用。
a0026093_17572789.jpg
織りのアップリケは先週の日曜日にスプンフルさんのワークショップで作ったもの。講師は織物作家の吉田麻子さん
実は麻子さんとは古いお友達で、今回会うのは13年ぶりくらいか・・・。お互いに忙しさにまぎれて音信不通になってしまっていたので、スプンフルのまいさんに「横須賀さん、麻子ちゃん知ってるんですって?」と聞かれた時は、ほんとにびっくりでした。13年前は織物作家ではなかったわけで、会わなかった間の成長ぶりは目をみはるばかり!立派な織物作家、そして先生になっていました!
ダンボールの織り機で、麻子ちゃんが紡いだ糸を使って織り、それをフェルトにしてコースターの完成。娘もとっても楽しみました。コースターではもったいないので、バックにつけてみました。

私のバックはA4サイズが入って肩から下げられて、ペンも入って・・・という実用的なもの。4月から息子の剣道サークルの役員なんです・・・これがけっこう大変なんだな・・・スポーツにもともとあまり興味のない私。どうしても気持が盛り上がらない!!ということで、試合観戦の時にA4の試合表が入って、蛍光ペンと鉛筆が入って両手があくようなバックがほしかったので、作ってみました!ちょっとでも気持を盛り上げて4月からがんばろ〜!
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-02-26 18:18 | 暮らしの中から

onagawa fish ハウス

「本当のお魚がとれるようになるまで」ということで、震災で仕事を失った女川の漁業関係者の方々が木工家の指導を受けてはじまった「onagawa fish 小さな復興プロジェクト」。
YUZURIHAでも微力ながら販売のお手伝いをさせていただいてきましたが、この度現地の作業所に素敵な販売所ができたと写真が届きましたので、ご紹介します。

仙台の画廊のオーナーさんや支援している人々が、建ててくれる工務店から探して、タカコウハウスさんという仙台の工務店さんが、ボランティアベースで協力して下さり、他にも多くの方のご尽力があって完成したそうです。
a0026093_14574185.jpg

「アウラ」とは「オーラ」のラテン語読みだそうです。女川の“気”がたっぷり詰まった場所になるようにと、命名されたんだとか。
a0026093_14573882.jpg
すてきですよね。みてるとなんだか元気がでてくる感じ。
a0026093_14574647.jpg

a0026093_14574426.jpg
fish以外にもいろいろ販売されています。女川で復興のために作られたグッズなどの販売もあるようです。

私も一度行ってみたいな〜。
でもまずは、東京での販売がんばるからよ、女川の皆さんもがんばっぺ〜!
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-02-08 15:07 | 思うこと

2月の朝市。

2月の朝市について、自分のブログにアップするのを忘れていました(汗)
2月5日(日)9時〜13時、オリーブガーデンさんにて開催です(オリーブガーデンさんもゲスト出店)。ゲストは陶磁器デザイナーの岡田ちひろさんと暮らしの道具の店musubiさん。実はどちらもコド・モノ・コトつながりの方々。ほんとに東京のにしがわにはコド・モノ・コト関係のステキな方いっぱいいらっしゃるのです。
お待ちしておりま〜す。
a0026093_18114332.jpg
岡田さんの作品。
a0026093_1891553.jpg
a0026093_1891326.jpg

谷保にあるmusubiのお店。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-02-04 18:13 | イベント

CCJクラフト見本市に参加します。

CCJとは「クラフト・センター・ジャパン」のこと。1960年に当時の錚々たる方々が結成した法人で、丸善店内に常設売場を持ってクラフトの普及と啓蒙に大きな役割を果たしてきた組織です。
そのCCJが「クラフト見本市」を開催します。場所は自由学園の明日館。

クラフト見本市に夫、吉田守孝が参加します。
長年勤めたデザイン事務所を9月末に退職した夫。独立の準備を進めて年末に開業届けを出しました。屋号は「ヨシタ手工業デザイン室」(しゅこうぎょうと読みます)。
ヨシタ?そうなんです。うちの名字はほんとは「ヨシダ」ではなく「ヨシタ」なんです。夫は大学に入った時点で「ヨシダ」と名乗っているので、子どもたちも「ヨシダ」と名乗っています。今回屋号を決めるにあたって、「ヨシタ」が復活!おかげでいままで普通に「ヨシダさん」と声をかけてくれていた周囲の方々が気にして「ヨシタさん」と呼んで下さるようになりました・・・いいんです、どっちでも。呼びやすい方で呼んで下さい。
ヨシタ手工業デザイン室は、くーわんセンヌキをはじめ、新作のナベシキや汁椀、トレイなども展示します。ぜひ見に来て下さい。

会期 2012年2月1日(水)〜3日(金)*一般公開・展示即売は2、3日のみ。
   午前10時〜午後8時まで(最終日は5時まで)
会場 自由学園 明日館(池袋駅から徒歩7分)

会場には古田陽子さんの「クラフト食堂」もオープン。ランチやお茶が飲めます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
a0026093_9343798.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-01-30 10:04 | イベント

家計簿つけてます。

数字って苦手・・・家計はどんぶり勘定・・・を信条として生きてきましたが、長年主婦をやっているとそんなことも言ってられなくなり、エクセルを使って家計簿をつけていました。しかしなんとも頭に入ってこず、家計の把握というのがどうもできない。そしてついついつけ忘れる。そんな日々が続いていました。これじゃあいかんな〜と思いつつ、解決策がないまま「だって私苦手なんだもん」と思っていました。
しかし!劇的な解決策が見つかった(気がする)のです!
友人のともこさんが「友の会の家計簿って知ってる?やってみたいんだけどどこにいけばわかるかしら」というので、「それならお友達のあやこさんがやってるらしいから聞いてみようか?」ということになり、婦人の友の会の活動を長年やっていると言っていたお友達のあやこさんに相談しました。すると「家計簿講習会があるからおいで」と誘っていただき、友人と2人で11月のある日行ってみることにしました。
「婦人の友」と「友の会」のことは、昔、倉敷で弟子入り生活をしていた頃、同期に自由学園を小学校から短大まで卒業した子がいて、彼女を通じて知っていました。でも日々小遣い帳をつけて家事すべてを完璧にこなす彼女といっしょに生活して、「私には無理だわ〜」と思ってしまっていたのです。
そんな感じでとっても敷居が高かった友の会の家計簿でしたが、実際に講習を受けてみると、とても親切に教えていただき、とても合理的にできているようで、なんだかやれそうな気がしてきました。
そして実際にやってみると、意外と簡単だし、不思議と毎月我が家がいくら使っているのか、よくわかるのです。(今頃なにいってるんだ?と思ってる方もあるかもしれませんけど・・・)
a0026093_9432828.jpg
そんなわけで、12月から練習をはじめて、1月から本番ということで、この家計簿につけています。月の収入と支出がわかると愕然としてしまいますが、これをつけていれば節約もできるようになるのですから、がんばらなくては!
そして昨日とってもすてきなプレゼントをもらいました。いっしょに家計簿つけをはじめて、はげましあってがんばっているともこさんが、家計簿ケースを作ってくれたのです!
a0026093_9433372.jpg
かわいいでしょう〜。2冊とも納まって鉛筆なんかも入ります。リビングに置いてあってもステキ。このまま持ってでて、カフェで家計簿つけをしたくなるほどです(やりませんが)。
ほんとにありがとう!すっごくうれしい。(ちなみにともこさんとお揃いです)
このケースが薄汚れてしまうまで、がんばって何年も続けたいですね。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-01-28 09:54 | 暮らしの中から

たこあげ大会がんばったの巻

小金井市では毎年新春恒例の市主催の凧揚げ大会があります。引越してきてからこれまで2回、子どもたちと参加してきました。そして今年は3回目。
a0026093_10361188.jpg

息子が凧揚げに興味を持ったのは、横浜に住んでいた時の学童で、毎年手作りの和凧を作っていたから。そこで凧作りの基礎を学んで、面白さも知ったようです。
この地に越して来た年の1月、凧揚げ大会があると市報で見つけ、行ってみるとたくさんの人!凧揚げにこんなの人が集まるなんてびっくり!
凧揚げのルールは、配布される凧をみんなで一斉にあげて高さを競います。学年別に入賞が決まり500円の図書券をいただけます。おととし、去年と息子は入賞し、自分の腕に自信を持ったようです。

そして今年、12月のはじめ頃「今年の凧揚げ大会は手作り凧部門ででたい」と突然息子から言われました。私としては「そんな部門もあったような・・・」という程度の認識でしたが、息子は去年から気になっていたようです。そう宣言したと思ったら、すぐに図書館から凧の本を借りて来て、竹ひごなどの材料を買いそろえ、もくもくと作りはじめました。我が子ながら、こういう時の行動力と自主性、そして集中力はすごいものがあります。

あっという間に一つ作って、公園に揚げに行き、しっかりあがることが確認できると、「連凧を作りたい」と言って、また製作。5個連ねる連凧はさすがに作っている途中で集中力が途切れたらしく、
「やっぱり最初に作った凧ででようかな〜」と言い出したので、「じゃあ材料費は返してね」とちょっと意地悪を言ってみました。するとまた慌てて「じゃあ作る!」と言ってがんばりました。
結果的には連凧を完成させてよかったです。

さて、息子の連凧が大会当日にどうなったかといいますと、午前中に武蔵野公園でリハーサルした時にはあがったらしいのですが、午後は風がぱったりなくなり、配布凧もほとんどあがらない状況でした。
a0026093_10362492.jpg
審査は、審査員の方達が紙のメダルを手にあげてる子達を見てまわり、あがった子にメダルをかけてくれるのですが、審査員さんも「おもしろい凧だねえ。自分で作ったんでしょ?あがればメダルあげたいんだけどなあ」といいながら、息子の凧があがるのを待っていてくれていました。
a0026093_10361316.jpg
しばらくがんばるうちになんとか少し風にのってあがるようになってきました。
a0026093_10361758.jpg
a0026093_10362739.jpg
ようやくなんどか空にはためく連凧を見ることができ、審査員さんも満足してメダルをかけてくれました。
息子も満足したようです。
配布凧部門は小学6年生までですが、手作り凧部門は18歳まで出場できます。息子の凧作りはいつまで続くのかな。来年は6年生。またおもしろい凧を作ってくれることを期待したいと思います。
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-01-19 10:51 | 暮らしの中から

今年もよろしくお願いします。

朝市もいよいよ29回目。1月のゲストはコドモの道具のみせ「こぐ」とスプーンフルさんです。
YUZURIHAは、12月に続き「ぬかぽん」を販売いたします。12月の朝市でも大好評でその後もたくさんお問い合わせいただきました。自然なぬくもりがいいんですよね〜。
今回もSとMサイズを販売しますので、ぜひ手に取ってみて下さい。

「こぐ」では、吉田守孝デザインの「くーわん」が販売されます。こちらもぜひ!
a0026093_16343349.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2012-01-12 16:35 | イベント

「ぬかぽん」ご紹介します。

気がつけばもう師走。12月の朝市です。
11月はワークショップで通常の出店はお休みしましたので、ちょっと久しぶりの感じがします。
12月4日(日)、dogdecoHOMEにて朝9時〜昼1時まで。日曜日は晴れる予報ですので、ぜひおでかけ下さいね。
ゲストはご近所さんのステキな羊毛作家さん、村瀬夏子さんです。はけいちブログにて作品もご紹介していますので、ぜひご覧下さい。

そして、YUZURIHAでは、この寒い季節の強い味方「ぬかぽん」を販売します。
a0026093_13352170.jpg

ぬかぽんは、かわいい布の中に玄米といりぬかと塩が入っています。それを電子レンジで1~2分チンしてきただきますと、ほっかほかになるんです。温かくなったぬかぽんを疲れや冷えを感じる部分にあてていただくと、身体の芯まで温かさが伝わってきます。自然の素材のみで作っているので、とても身体に優しいぬくもりです。(蒸し器で蒸すこともできます)
新潟産のお米のぬかを手煎りしたり、静岡の平釜塩など使う材料もこだわってひとつひとつ作られています。Sサイズは1050円、Mサイズ1890円の二種類です。
おなかや腰、肩、目にのせてなどなど、使い方はいろいろ。ぜひ一度お試し下さい!
[PR]
# by cha-yuzuriha | 2011-12-02 13:50 | イベント

ワークショップ市、終了しました。

はけの森美術館で開催された「はけのワークショップ市」大盛況にて終了しました。
開館の12時にはすでに30名程の方が外に並んで下さり、ドアが開くと同時に入ってこられてお目当てのブースに突撃!という感じではじまりました。
旗飾り作りのブースにもたくさんの方がきて下さり、それぞれの想いをこめて、ステキな旗を作って下さいました。その数56枚!お一人で2枚3枚と作って下さった方もいます。
仮止めで展示しましたので、これからミシンで縫い上げて紐にしっかりつけてから被災地に贈る予定です。無事に贈り届けられたらまたこの場でご報告させていただきます。
ご協力下さったみなさま、ありがとうございました。
a0026093_22261797.jpg
a0026093_22201360.jpg
a0026093_22202540.jpg
a0026093_22215862.jpg

a0026093_22201973.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2011-11-07 22:28 | イベント

明日はワークショップ市

いよいよ明日になりました。はけのワークショップ市。設営は昨日ほぼ出来上がりなかなかステキな雰囲気に仕上がりました。
YUZURIHAブースはでんでんむしプロジェクトのメンバーでやっています。鈴木由里さん、高月淳子さん、浅間啓子さん、小松晴子さんありがとうございます。明日もよろしくお願いします!

でんでんむしは震災支援のためにできたグループです。今回はこのメンバーですが、これまでたくさんのお母さんたちにご参加いただき、布の寄付などもいただきました。明日のワークショップでもそれらの布も使われます。
ぜひ、それぞれの想いと復興の願いを込める旗飾り、作りに来て下さいね。
a0026093_712667.jpg

[PR]
# by cha-yuzuriha | 2011-11-05 07:12 | イベント
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧