人気ブログランキング |

YUZURIHA NEWS


緑茶のこと、日々の暮らしの中で思うこと こちらがホームページです↓ ぜひご覧下さい。www.yuzuriha.net
by cha-yuzuriha
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末の予定は?

今週末の我が家の予定は・・・。

土曜日は小学校の運動会。夫は仕事なので私と娘で見に行きます。
4年生はYOSAKOIソーランをやるらしい。なるこも買って息子は毎日汗びっしょりになるまで練習しているようです。

日曜日は「はけのおいしい朝市」です。
会場はカフェスロー中庭。スペースが広いのでいつもよりゲストさんがいっぱい。
参加者としてもとても楽しみです。楽しい朝市になると思うので、ぜひぜひご来場下さい。

しかし、運動会は雨が降ると、日曜日に延期。
その場合夫は仕事が休みなので、見に行くことができうれしいのですが、朝市出店の私としては・・・困った〜。とにかく晴れてもらうしかありませんね。
a0026093_18385295.jpg

by cha-yuzuriha | 2010-09-29 18:41 | イベント

はけのおいしい朝市2年目に入ります。

はけのおいしい朝市はいよいよ来月から2年目に入ります。
2年目はさらにパワーアップすると思うので、ぜひぜひお楽しみに!
今度の朝市は「アチパン」のある「カフェスロー中庭」が会場です。
会場の都合により、午前10時から午後3時まで。(朝早くなくて助かります)

今回はいつものメンバーにプラスして楽しいゲストさんいっぱいです。 
小鹿田焼販売のsonomono
カフェスロー
おかげさま市場
風土俱楽部
はちみつ百花
ふかふかぱんやさん(のぐちようこ+のぐちみつよ)

はちみつ百花さんは国分寺のカフェスローのすぐ裏にも巣箱を置いているんだとか。知らなかった〜楽しみです。風土俱楽部さんも美味しいものをいろいろ持って来て下さるようです。
カフェスローは店内での通常営業以外に、中庭では「玄米おむすび」など気軽に食べられるフードを提供していただけるそうです。
今回YUZURIHA関係でお声かけさせていただいているのは、sonomonoさんとふかふかぱんやさん
sonomonoさんは最近オンラインショップも充実しつつありますので、朝市前にこちらをチェック!
ふかふかぱんやののぐちようこさんは、「コド・モノ・コト」の活動で、数年前から親しくさせていただいています。朝市を中心になって運営しているayaキッチンのあやさんとも知り合いで、のぐちさんは私とあやさんが親しくなるきっかけを作ってくれた人でもあります。
そうかと思えば、Petal.の森さんが仲良しの音楽ユニット「てぬぐい」さんのライブを、のぐちさんのてぬぐいイベント「てぬコレ」でやっていたり、朝市とは浅からぬご縁が・・・。
そんなこんなでのぐちさんのゲスト参加が実現しました!とってもすてきなふかふかぱんです!ぜひ見に来て下さいね!
by cha-yuzuriha | 2010-09-24 17:06 | イベント

『nid』10月号

『nid』は「ニッポンイイトコドリを楽しもう。」という雑誌ですが、10月号は
「私がこだわる、メイドイン・ニッポン」という特集。
その中の「物選び上手のあの人が選んだもの」という中に私も登場させていただきました。
セトキョウコさんやフルタヨウコさんと並んで、なんだか恥ずかしいですが。
編集の方が「YUZURIHA主宰」だけでは寂しいと思われたのか、「執筆業」も加えて下さり、校正時に削ればよかったのに、なぜかそのままにしてしまいました。後から「あ〜肩書きの一人歩きだ〜」と後悔。今の私の肩書きは「幼稚園巣立ち委員・はけの道子供会広報」って感じです。
育児中って仕事に時間をさけず、悩む人は多いと思いますが、私もまさにいまそんな感じです。
子どもといる時間も大切にしたいし、実際楽しい。でもね・・・自分の時間もほしいんです。
a0026093_2171227.jpg

と、そんなことは私のぼやきで、誌面にはでていません。とても素敵に我が家にあるメイドイン・ニッポンたちを撮影して下さったので、ぜひご覧下さい。

あっ大事なのは、イベント告知欄に「はけのおいしい朝市」が載ったことです!
それを必ずご覧下さいませ!
by cha-yuzuriha | 2010-09-21 21:11

九谷焼と中村研一

中村研一の話をもうひとつ。

小金井に引越を決めて、義父に「中村研一という画家の美術館のそばです」と言ったら、父がとっても驚いた。なんで父が驚くのかちっともわからなかったのですが、よくよく聞いてみたら、中村研一を若い頃から尊敬しているというのです。
夫の実家は石川県の小松市で100年続く九谷焼の絵付の窯元です。父はその3代目にあたります。その父が若い頃、中村研一がよく九谷焼の窯元、徳田八十吉窯に作陶のため滞在することが度々あったのだそう。

 『初代徳田八十吉』展図録によれば、
    (中村研一は)金沢市在住の洋画家、高光一也への指導のため石川県を
    たびたび訪れ、古九谷と出会う。昭和28年から33年にかけて、徳田陶房
    で数多くの絵皿を制作、10枚の1尺5寸の大皿も完成させている。絵画
    と同じく力強い線を駆使し、独自の陶画世界を作り上げた。
                         (小松市博物館刊2006年)

滞在中に会うことはかなわなかったものの、作品を見せてもらったり、その仕事ぶりをいろいろ聞きいていたそうです。東京の画壇で活躍していた研一が九谷で作陶したことは、小松の地で仕事をする陶工達にはおおいに刺激になったようです。
研一作の九谷焼は多く残り、はけの森美術館でも見ることができますし、石川県立博物館にも所蔵されています。そんなことはまったく知らなかった私は、中村研一の名前を聞いて驚く父を見てさらに驚いてしまったわけです。
昨年、小松の実家へ帰省した折り、小松市内にある「徳田八十吉記念館」を訪ね、中村研一が描いた初代徳田八十吉像を見てきました。遠く離れている石川県小松市と小金井の不思議なご縁を感じ、この地に引越してきたのは、やはりなにかのお導き?と思わずにはいられないのでした。
a0026093_21483792.jpg
中村研一画「初代徳田八十吉肖像」(昭和30年)
a0026093_21485934.jpg
徳田八十吉記念館は自宅と仕事場だった建物を利用し、記念館として公開しています。

中村研一の陶芸は九谷にとどまらず、山陰や備前など様々な地で制作されていて、それぞれにその産地の土と釉薬を使いながら、研一らしい作品に仕上げています。
それらについてはあまり詳しく調べられていないらしいので、「九谷と中村研一」や「中村研一の陶芸」など、調べてみたいですね。
by cha-yuzuriha | 2010-09-20 22:04 | 美術

流逸荘と中村研一

札幌にある古書店の店主さんから、「流逸荘と仲省吾」を読みたいとメールをいただく。
仲省吾について興味を持って下さる方がまだまだいることをあらためて感じ、もっとちゃんとしたものを書かないといけないと猛省。
このところ子ども関係のことに時間をとられて、すっかり書くことから遠ざかる日々。
でも調べることは続けないと、お年を召した関係者の方には話が聞けなくなってしまうし、気持だけが焦ります。
大正時代、神田小川町にあった流逸荘という画廊。その画廊とその経営者、仲省吾のことをずっと調べています。それはこの画廊が日本美術の発展にも大きく寄与しているのに、誰がどんなかたちで経営していたのかなど、まったく知られていなかったからで、興味を持って調べ始めたらあまりに面白く、どんどん調べることになっていったのです。

1年半前に横浜から越して来た小金井市。
「どうして小金井に引越してきたの?」と時々聞かれます。「緑が多くて気に入ったから」とか「中央線の沿線に住みたかった」とか答えていますが、それもほんとです。でも一番のほんとは中村研一さんの美術館があったからかな。
中村研一という人は、福岡県出身の洋画家で、戦争で代々木のアトリエと自宅を焼かれ、小金井に移り住み、生涯を小金井で過ごしました。
中村研一は生涯にたった一度しか個展をしていないと言われています。そのたった一度の個展会場が流逸荘でした。父親に「個展などすると絵がだめになる」と言われ、以後一度もやらなかったそうです。
そのことはなんとなく知っていて、家探しをしていた時、偶然インターネットで中村研一美術館からほど近い物件を見つけ、「まあ見にいって気に入らなければ美術館を見て帰ってこよう」と思い、はじめて武蔵小金井の物件を見ることにしたのです。
そしたらはけの小路は素敵だし、武蔵野公園も近くの畑も野川も気に入ってしまい、ここに住みたい!と思ってしまったわけです。

流逸荘に導かれて、引越してきた小金井。
不思議なご縁がいろいろつながる町です。
ご縁に導かれて越してきたからかもしれません。
a0026093_1755996.jpg

中村研一美術館(はけの森美術館)裏手にある研一の自宅だった建物。今は小嶋ルミさんのお店、
オーブンミトン


中村研一は一般的にはあまり知られていない洋画家ですが、とても素敵な絵を描かれています。
ぜひ一度美術館に足を運んでみて下さい。

*******************************************

論文を読んで下さった田原書店さんのブログで、田原さんに大変ほめていただきました!→
ありがとうございます!
by cha-yuzuriha | 2010-09-17 18:03 | 美術

たんじょうび。

夕方、大粒の雨。
昨日の雨はほんのちょっとだったので、かえって蒸し暑さが増してしまいましたが、今日の雨が過ぎ去ったら、ひんやりと涼しくなりました。
庭の緑もあざやかに。
a0026093_17451349.jpg

昨日は娘の誕生日。
幼稚園がお休みだったので、おともだちをよんでうちで遊ぶことにしました。
大きなケーキを買うと大げさになって、おともだちのママたちに気を遣わせるので、小さなロールケーキにロウソクをさしてお祝いしました。
いままではお誕生日のお祝いは家族やおじいちゃんたちとでしたが、今年は「おともだちと誕生会がしたい」と言い出した娘。どうしてそんなことを思ったのかは謎ですが、そういうならその希望も叶えてやりたいので、大げさにならない程度にクラスの年長女子3人に来てもらうことになりました。
(縦割りクラスなので、年長女子はクラスに娘をいれて5人、そのうち1人は実家帰省中)
「手ぶらで来てね」と言いましたが、みなさんそれぞれ気を遣われて、おやつや果物、花など持ってきてくれました。恥ずかしそうによろこぶ笑顔の娘、6歳になりました。
a0026093_1745273.jpg

おともだちにいただいた花。ピッチャーは丹波の栗田荘平さん作。
by cha-yuzuriha | 2010-09-14 17:57 | 暮らしの中から

9月です。

夏休みが忙しかったからか、暑さが長過ぎるのか、9月に入りぱったりと便りを更新する気力がでない・・・。幼稚園と学校がはじまって、そっちに精力を奪われているんでしょうか・・・。
まっちょっと忙しかったので、そのせいってことで!

楽しい行事もありました。はけのおいしい朝市プレゼンツ「森の中の食事会」。
武蔵野公園バーベキュー広場で、50人程の方々とお食事会をしました。
朝市組合員の総力を結集し、七輪やバーベキューコンロを並べて、トリの丸焼きやスペアリブを焼いたり、天然酵母パンで作るハンバーガー、タンシチュー、薫製、サラダ、出茶屋の珈琲、などおいしいもの盛り沢山。お肉のメニューは東小金井のFUJIYAMA食堂さんに仕込みをお願いしました。最高においしかったです。写真はこちらをご覧下さい。
私はデザートに緑茶のゼリーを作りました。氷をたくさん作ったり買ったりして、なんとか冷やしながら、お食事の最後の頃に配りました。ひんやり冷たく食べていただけたので、好評でほっとしました。

参加者の方達が言っていたことで印象的だったのは、「もっと暑いかと思ったらここは涼しいですね」と言われる方が多かったこと。そうなんです。武蔵野公園の木陰は涼しいんです。やっぱり「はけ」は最高だ。
by cha-yuzuriha | 2010-09-11 17:00 | イベント
カテゴリ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧